FC2ブログ

クリシュナムルティ/最後の日記より•••

 どんな場合でも決して「どうすれば」とは尋ねない事。

「どうすれば」という言葉を用いるときは、君に何をすればよいかを教えてくれる誰かを求め、手をとって指導してくれる案内者、方式をほしがっているので、君は自分の自由、観察する能力、自分自身の行為、思考、生き方を見失ってしまいます。「どうすれば」と尋ねるとき、全く中古の人間になってしまいます。
誠実さを失い、自分自身を見、あるがままの自分であり、あるがままの自分を超えてゆく、そういう生来の正直さを失います。「どうすれば」とは決して決して尋ねないこと。

 もちろん、心理的な事を話しているのです。モーターを組み立てたり、コンピューターをつくりたいときは「どうすれば」と尋ねなければならない。誰かからそのことについて、学ばなくてはならない。
しかし、心理的な自由さと独創性は、君が君自身の内的行動に目覚め、何を考えているかを見守り、どの思考でもその本質と根源とを観察せずには逃げ去らせないようにするときにだけ、君のところに訪れてくるのです。

観察し、見守ること。読書から、また誰か心理学者や難解な賢く博識な学者や教授などから学ぶよりは、見守ることによるほうがずっとよく自分自身について学べます。

このことは決して容易ではありません。君はいろいろな方向に引き裂かれるでしょう。いわゆる生物学的な、社会的な誘惑というものが非常にたくさんあって、君は社会の残酷さにひきちぎられるかもしれません。
もちろん、君は単独で立ち向かわなければなりませんが、それは、力や決意や欲望を通して起こるのではなく、君の周囲、君の内部のにせもの、感情や希望をみはじめるときに起こるのです。
にせものを見始めるとき、そこには気づき、英知のはじまりがあります。

君は自分にとっての光でなくてはならず、それは生の中で最も難しいことのひとつです。

クリシュナムルティ「最後の日記」より


クリシュナムルティの言葉はいつも新鮮で心に響きます。。。
ついつい「どうすればいい?」と安易に答えを求めてしまう私にとってハッとさせられる一文でした。。。
 
スポンサーサイト

自由とは。。。

 今日、セミの鳴き声を聞きました。そろそろ梅雨明けかな。。。



お天気なので、外で読書。。。クリシュナムルティは本当に素晴らしいと思います。

 瞑想とは、既知のものから己れ自身を自由にするための精神の運動である。
祈りは既知なるものの間を往来する。
それは、何らかの結果をもたらすかもしれないが、その結果は依然として既知なるものの領域にある。
既知なるものの中身は葛藤や不幸、混乱である。
瞑想とは、精神が営々として蓄積してきた一切のものを全的に否定することである。
既知なるものが、観察者の内実であり、それゆえ観察者は既知なるものを通して事物をみるだけである。
イメージは過去に根ざしており、瞑想とは過去に終止符を打つことである。
<クリシュナムルティの瞑想録>より


クリシュナムルティは3千人以上にのぼる<星の教団>の解散にあたって、いかなる人間も、外側から諸君を自由にすることはできない。組織化された崇拝も、大義への献身も諸君を自由にはしない。
私はある根本的なひとつのことにのみ関心を持っている。人間を自由たらしめること、すなわちこれである。
こう述べています。

何かからの自由だというとき、苦痛や何らかの不安からの自由だという場合、それはリアクションであって、
自由ではない。
「私は自由だ」というなら、そのときあなたは自由でありません。
自由は願望や欲求を通じてやってくるのではなく、自然にやってくるのです。
それと出会うには、精神は「生」をみることを学ばなければなりません。
自由は意識の領域を超えたところに横たわっているからです。
<既知からの自由>より

自由であることから始まるのだろう。。。



瞑想録

 久しぶりのまとまった雨ですね。。。
今週もあわただしく過ぎていきましたが、ここへきて少しカゼ気味です・・・喉が痛い。。。
今週は週初めに、ken先生と小山先生の両先生にお会いすることができ、とてもハッピーなひとときを過ごすことが
できました。
ken先生は、いつもと変わらず、穏やかでやさしい。 マイソールクラス、とても心地のよい空間の中で練習ができました。
小山先生、相変わらず体も懐も大きいグルです。先生がそこにいるだけで、少し緊張しますが、同時に安心感を感じます。
両先生とも、すごい先生だと感じるのは、やはり、先生がそこにいるだけで、その空間がとても和み、よいエネルギーで満たされる。。。ある種の迫力を感じます。。。
道は遠いですが、そんな先生になりたいと思います。

最近はクリシュナムルティがお気に入り。。。
ひと言ひと言が体にスーッとしみこんでいく素晴らしい本です。




瞑想は決しておわることなき運動である。
自分が今瞑想を行なっているとか、瞑想のための時間をとってあるなどということは決してできない。
それはあなたの意のままにはならない。あなたが組織だった生活を送ったり、あるいは特定の生活規則や道徳に従ったからといって、瞑想の祝福が訪れる訳でもない。それはあなたの心が本当に開いているときにのみ訪れるのである。


(クリシュナムルティの瞑想録より)

五美




5月28日の一言より•••

<五 美>

人を恵んで厭味なく、
労して恨みず、
欲して貪らず、
泰かでおごらず、
威あって猛からず___と。

(論語 • 堯日ぎょうえつ)

人として•••こうありたいです。。。

今日は、久しぶりにゆっくり過ごせたムーンデーでした。。。

メイン

|

Copyright c 200x xxxxx. All Rights Reserved.

/for one column -->



Powered by FC2 BLOG